TortoiseSVN

【初心者向け】TortoiseSVNのおすすめ設定を公開します

はじめに

・TortoiseSVNを使うにあたり一通り設定をしたい。

・他の人の設定ってどうなっているか知りたい。

という人向けに解説していきます。

進め方としては、私のTortoiseSVN設定を公開し、設定理由を説明をしていきます。

本記事のゴール(読む事によってできる事)は以下とします。

TortoiseSVNの設定が一通りできること。

ふくろう
ふくろう
それではいきましょう。

TortoiseSVNの設定

右クリックメニューから設定を開いてください。

全般

  • STEP1
    全般
    言語は日本語とします。
    日本語パッチを適用していないと選択できませんので、xxを参考に日本語パッチを適用してください。
  • STEP2
    コンテキストメニュー
    以下の項目にチェックをします。
    ・チェックアウト
    ・更新
    ・コミット
    ・差分を表示←これを追加
    理由:機能としては、差異あり表示のファイルに右クリックメニューから差分表示させることができるものですが、使用頻度が高く、サブメニューだとわずらわしさを感じる為です。
  • STEP3
    ダイアログ1
    ログメッセージのフォント:MSゴシック、フォントサイズ:8

    エクセル、WinMergeすべて上記フォント設定で合わせる事でストレスなく見る事ができます。

  • STEP4
    ダイアログ2
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP5
    ダイアログ3
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP6
    デフォルトのままでOKです。

リビジョングラフ

  • STEP1
    リビジョングラフ
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP2
    デフォルトのままでOKです。

アイコンオーバーレイ

  • STEP1
    アイコンオーバーレイ
    ネットワークドライブにレ点をつけます。

    ソフト開発において、チェックアウトしたデータをネットワークにおいて更新するといった運用をする場合、ここにレ点があると、変更等でアイコンが変わってくれるのでわかりやすくなります。

  • STEP2
    アイコンセット
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP3
    オーバーレイハンドラー
    デフォルトのままでOKです。

ネットワーク

  • STEP1
    ネットワーク
    デフォルトのままでOKです。

差分ビューアー

  • STEP1
    差分ビューアー
    WinMergeを使いますので以下を記入してください。
    WinMergeU.exe -e -ub -dl %bname -dr %yname %base %mine

    個人的な好みですが、ファイル差分(比較)は使い慣れたWinMergeを使用したいです。
    差分をWinmergeで開いて確認し、必要箇所はWinmergeから外部エディタで開いてサクラエディタで編集する、というのがざっくりとした作業の流れになります。

  • STEP2
    マージツール
    デフォルトのままでOKです。

保存されたデータ

  • STEP1
    保存されたデータ
    デフォルトのままでOKです。

ログキャッシュ

  • STEP1
    ログキャッシュ
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP3
    キャッシュされているリポジトリ
    デフォルトのままでOKです。

フックスクリプト

  • STEP1
    フックスクリプト
    デフォルトのままでOKです。
  • STEP2
    課題追跡システムとの統合
    デフォルトのままでOKです。

TortoiseBlame

  • STEP1
    TortoiseBlame
    フォント:MSゴシック、フォントサイズ:8
    フォント設定は上記で統一しています。

TortoiseUDiff

  • STEP1
    TortoiseUDiff
    フォント:MSゴシック、フォントサイズ:8
    フォント設定は上記で統一しています。

同期

  • STEP1
    同期
    デフォルトのままでOKです。
さいごに

いかがでしたでしょうか。
現状の私が使っているTortoiseSVNの設定とその理由について記載しました。
参考になればうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。